入社したときの挨拶

入社してからも要注意!

 

 転職は入社希望する企業から内定をもらったら終わり、では決してありません。実際にその企業に入社して新しい同僚や上司たちと円滑なコミュニケーションを取れるようになるまでが本当の勝負なのです。

 

 入社したからといって油断せず、新しい環境にできるだけ早く馴染み実績を出せるように尽力しましょう。やはり第一印象はとても大切なので、入社挨拶はしっかりとできるようにしておくことが大切です。

 

入社挨拶は簡潔に

 

 入社初日には直属の上司や人事部の職員が新しい職場へ連れて行き、挨拶を促してくれるでしょう。しかし立派で感動的なスピーチをする必要は一切ありません。それどころか簡潔で、分かりやすい挨拶の方が一般的には好まれていることを理解しましょう。

 

 自分以外の周りは皆仕事の手を止めながら聞いてくれているので、その邪魔をしてはなりません。具体的には、「初めまして、今日からお世話になる○○(名前)です。よろしくお願いします」程度の挨拶が最適です(前に勤めていた会社名を名乗る必要はありません)。自己紹介もリクエストがない限りはする必要ありません。

 

【関連記事】



トップページ 大学事務へ転職するための手順 おすすめ求人サイト