入社式の自己紹介について

好まれる自己紹介

 

 企業によっては入社初日に挨拶だけでなく自己紹介までリクエストするところもあります。その内容によって入社後の人間関係の明暗が分かれることがありますので、できるだけ好ましい自己紹介をするようにしましょう。

 

 コツは、笑顔ではっきりと話し、自己紹介の中に自分の家族や趣味の話をほんの少し混ぜてみることです。休憩時間などに話し掛けやすい話題を作っておけば、円滑なコミュニケーションのきっかけとなってくれます。

 

好まれない自己紹介

 

 自己紹介をするときに前の職場や自分の過去の実績について延々と話すのはくれぐれもやめましょう。自己アピールを強調しすぎると、自慢に聞こえる事があります。自慢が多い人と仲良くなろうと思う人は決していないからです。

 

 また、前の職場と新しい仕事の場所を比較するような言動もしないようにしてください。あくまでも低姿勢で転職先に尽くすような姿勢を見せなくてはなりません。また、自信なさげでおどおどとした態度にも好印象は抱かれないので、謙虚さを忘れないようにしましょう。謙虚だけれども堂々としているのが好印象を与えやすくベストです。

 

 

【関連記事】



トップページ 大学事務へ転職するための手順 おすすめ求人サイト