履歴書や職務経歴書に悩んだ時は?

何を書いたら良いのか分からない?

 

 履歴書や職務経歴書を作成するときに一番悩むのが、「何を書いたら良いのか分からない」という点です。特に志望動機や自己アピール、特技などの欄に書きこむ文章を作るのが難しく、悶々と悩んでしまう人も多いでしょう。

 

 ただ、このような悩みは転職活動を始めるにあたって最初に行った自己分析を見ることによって解決することができます。細かく書いてあればあるほど履歴書や職務経歴書を作るときのヒントを与えてくれるでしょう。そうした意味でも、転職活動をスタートする時点で丁寧な自己分析を行うことが必要です。

 

プロに添削してもらう

 

 自己分析結果をしっかりと振り返りながら応募書類を完成させたけれど完全には自信が持てないなら、プロにチェックしてもらうのがおすすめです。転職エージェントサービスに登録しているなら、キャリアアドバイザーやコンサルタントによる添削を受けることができるでしょう。

 

 ハローワークなどで書類の書き方を指導するセミナーを設けているところがあるので、参加してみるのも良いでしょう。またインターネット上を探してみれば添削サービスをしている業者をいくつか見つけられます。その他にも第三者に見てもらうことにより、客観的にも申し分ない履歴書や職務経歴書にグレードアップすることができます。

 

 

 

【関連記事】



トップページ 大学事務へ転職するための手順 おすすめ求人サイト