面接対策

仕事の内容と流れ

 大学での事務作業というのは、比較的毎日内容と流れが決まっているものです。
 ただ、大学や勤め先によって、少々それが異なってくることも多いので、経験があってもなくても、仕事の内容と流れを面接時に確認しておくことをお勧めします。

 

 また、仕事の範囲も聞いておきましょう。これも勤め先によって若干変わってくることであり、転職者が入社後にしばしば戸惑うことでもあります。
「こんなことまでしなければならないの?」と、求人をチェックしたり勤め先の情報を集めている時には思い描かなかった仕事というのも実際にはあるかもしれません。
 そうした細かい部分まで気にするようであれば、納得のいく回答を面接時に得ておかなければなりません。

 

 

 

続きを読む≫ 2015/12/08 15:19:08

面接のお礼状が持つ意味

 

 転職活動のノウハウが紹介されているウェブサイトなどでも、面接後のお礼状について触れているコンテンツがありますが、プロセスの中では優先順位が低く、実践しているひとが少ないことが予想されます。

 

続きを読む≫ 2015/08/07 14:18:07

自分本位になってはいけない!

 

 転職者にとっての採用面接の目的は、企業にとって自分がどれだけ魅力的で役立つ存在かをアピールすることです。そのため、転職先の企業で自分がどのようなことをしたいかなどについて語ることは基本的にはNGです。

 

続きを読む≫ 2015/03/30 15:40:30

事前に練習を

 

 書類選考を通過した後の採用面接は、決してぶっつけ本番でできるようなものではありません。どんなに弁舌さわやかな人であっても何も用意せずに面接に臨んでしまうと、当日に予想もしていなかった質問に戸惑ってしどろもどろになってしまうことでしょう。これでは今までのせっかくの努力も台無しです。

 

続きを読む≫ 2015/03/30 15:38:30

スーツが鉄則!

 

 企業の中には面接時の服装についてとくに決まりを設けていなかったり、「服装は自由」と記載していたりするところがあります。しかしだからといってカジュアルな服装や私服で面接会場に向かって良いということではありません。

 

続きを読む≫ 2015/03/30 15:35:30

トップページ 大学事務へ転職するための手順 おすすめ求人サイト